星読みで天職を知り、ジュエリーで導く才能開花 アストロビューティーアカデミー星読みジュエリスト・金子ゆき

星読みジュエリスト 金子ゆき

.

.

.

お問い合わせは随時受け付けております

ブログ 新月のメッセージ 星読み

新月の願い~お願いごとの種を蒔きスタートさせる

2022年1月3日

 

星読みジュエリストの金子ゆきです。

 

最近、新月にお願い事を書かれる方も多くなりましたね。

満月には自然と感謝の思いを持って、夜空を見上げる人も多いと思います。

 

新月の細い月から、まん丸の満月までのサイクルは自然のリズム。

月の月相に合わせることで、私たち地上の人間も無理なく望みを叶えていけます。

 

大昔、新月の時は作物の成長がとても早いことを発見し、農夫たちは何世紀も前から月の周期に合わせて種まきを行っていました。

春に種を蒔けば秋には収穫ができる様に自然の法則性は絶対です。

 

この自然の力に着目したのが占星術師のジャン・スピラー。

占星術師ですから月の動きを読むことは得意中の得意です。

 

自分自身で何年もかけて新月に願いをかけるという実験を行ってきました。そして願いを叶えるパワーが強いのが新月であると発見したそうです。

 

作物も願いの実現も同じで、タイミングよく願い=種を蒔くことが必要だとジャン・スピラーは考えたのです。

 

月は12星座(サイン)を29.5日(約1か月)で移動していきます。そして月に一度、太陽と重なります。(コンジャンクション)

これが新月。月齢0で、夜空に月が見えない時期。

この時には月は光を失い、物事が全て終わったかのように見えます。

でも終わりではなく、これから徐々に光を取り戻していくので、最も希望の芽を孕んでいるともいえるのです。

 

ちなみに月に一度、月が太陽と向かい合う(オポジション)のが満月。

太陽の光を真正面から受けて、月が最も輝く時。満月は物ごとの完成や成就のタイミングです。

 

 

 

新月からスタートさせる

 

新月の日に新しいことをはじめると、確実に、そして早く成果を手にすることができます。

新月は種まき、スタートの日です。

 

蒔いた種は刈り取る

これは地球上で生きる私たちの絶対の法則です。月のリズムで種を蒔けば、必ず実りを手にすることができるのです。

でも種を蒔かなければ刈り取るものはありません。

 

早ければ次の新月までには願いが叶いますが、その新月の星座が満月になる半年先に叶うものもあります。

 

また数年かけて叶っていくものもありますので、根気強く何度もリストに書き続ければ成果を手にすることができます。

 

新月が起きる星座には叶いやすいテーマがある

それぞれ星座(サイン)にはお願い事の得意分野があります。

新月の願い事は、いつでもどんな事を願ってもいいのですが、星座ごとに叶いやすい願い事があります。

なので毎月、いくつかはその星座に関することもお願いごとに織り込んでみると良いでしょう。

 

*牡羊座・・・スタートさせること。リーダーシップ。本物。頭、顔に関すること。

 

*牡牛座・・・粘り強さ。技術を身につける。お金。地上に生きる喜び。喉に関すること。

 

*双子座・・・コミュニケーション。学び、教えること。肩、腕に関すること。

 

*蟹座・・・家族や家庭。基盤。守り、育てること。胸に関すること。

 

*獅子座・・・自己表現。創造力を発揮する。ロマンス、遊ぶこと。背中に関すること。

 

*乙女座・・・労働、健康、貢献すること。胃腸に関すること。

 

*天秤座・・・社交性、美、結婚、洗練させる。腰に関すること。

 

*蠍座・・・絆やタイトな結び付き。家系や組織。集中して1つのことに取り組むこと。変化。生殖器に関すること。

 

*射手座・・・チャレンジ、冒険、向上すること。ステージアップ。真理の探究。大腿部に関すること。

 

*山羊座・・・ビジネス。目標を達成すること。継続、安定。皮膚、関節に関すること。

 

*水瓶座・・・変化や新しいものを取り入れる。仲間。今の時代ならインターネット関係。ネットワーク。ふくらはぎ、足首に関すること。

 

*魚座・・・癒しやヒーリング。スピリチュアルや理想、愛。慈愛の心。足先に関すること。

 

 

お願いごとの書き方

お願い事の書き方

・新月に入った瞬間から8時間以内に書くのがベスト。(48時間以内なら有効)

・2件以上10件までの願いを作る。

・手書きで書く。

・主体はあくまで自分にする(他人に関することは叶わない)。

・1件につき願いはひとつ。あれこれ詰め込み過ぎない。

・書いた紙は日付を入れて保管する。

・願いがすぐに叶わない場合は毎月のリストに入れる。

 

 

お願い事の書き方で注意したい事

●お願い事は新月が過ぎてから書きましょう。毎月の新月の時間は違いますので、必ずチェックしてみてくださいね。

フライング注意ですよ!
もしフライングしちゃった人も大丈夫。

新月が過ぎてからもう一度書き直せばよいのですから。簡単ですよね^^

 

●お願いごとに番号はふらない

これは意外と知られていないのですが、お願いごとに番号はふらないこと。これがお願い事を叶える秘訣です。

 

●お願い事を無効にしてしまうボイドタイムは外して書く。

ボイドタイムとは月がある天体から次の天体へと関わりを持つまでの「空白」の時間。

この時間は物事を白紙に戻してしまう力があるので、ボイドタイムは外して書きましょう。

 

 

新月の願いは書いただけでは叶わない?

この地上は行動の原理で出来上がっています。

新月の願いは書くこと=行動すること

書くこと自体が行動したこととも言えますが、その後にはやはり水や養分を与える必要はあるわけです。

なのでちゃんと必要なアクションを起こしていくことは必須。

 

新月の願いはスタートのタイミング。

物事を始めるための最適な時期を利用して、そしてちゃんと行動していく。

そうすれば自然のリズムと共に願いは成就していくのです。

願いを叶えることは、あなたと自然と宇宙の共同作業。
あなたの行動が大切なことは言うまでもありません。

 

ということで、良い新月をお迎えくださいね!

 

 

 

 

 

-ブログ, 新月のメッセージ, 星読み
-

Copyright© 星読みジュエリスト 金子ゆき , 2022 All Rights Reserved.