星読みで天職を知り、ジュエリーで導く才能開花 アストロビューティーアカデミー星読みジュエリスト・金子ゆき

星読みジュエリスト 金子ゆき

.

.

.

お問い合わせは随時受け付けております

ブログ ホロスコープ 星読み

星読みで読み解く中年の危機とは

2022年3月26日

 

 

人生では幾多の困難に見舞われるものですが、その困難がある程度予想されたら・・・?
そう思いませんか?

占星術では人生の最大の危機がいつ頃起こるのかを知ることができます。

これはホロスコープに特徴的な星の角度が出来る時で、誰もがみな、その星の影響を避けて通ることができません。

いわゆる厄年みたいなもの。

これを星の世界ではミッドライフクライシス、中年の危機と言います。

何たるストレートなネーミング^^;
でもわかりやすいっちゃ、わかりやすいですね…。

 

 

中年の危機は3つある

 

危機をもたらす星の角度は3つ。

人生でインパクトのある大きな出来事は、トランスサタニアン(土星以降の星)が関わっています。

自分の意志や努力では、どうにもならない事態を持ち込んでくるのがトランスサタニアン。中年の危機もトランスサタニアンの影響です。

 

①ホロスコープの冥王星に運行中の冥王星がスクエア(90度)になるとき

②ホロスコープの海王星に運行中の海王星がスクエア(90度)になるとき

③ホロスコープの天王星に運行中の天王星がオポジション(180度)になるとき

 

 

中年の危機はいつ頃起きるの?

 


中年の危機は30代後半から40代前半に起きてきます。

 

これは天体の軌道が楕円形になっているので、どのタイミングで上記の星の角度を作るかには若干の開きがあります。

でも大体、30代後半から40代前半には、この角度が作られていきます。

 

同じ学年であれば、ほぼほぼ同じタイミング。

そう思えば自分が困難に直面しているときは、同学年にあの人も、また大変な時を迎えているわけです。

おお~、同志よ!

この起きるタイミングはホロスコープの三重円という技法を出せば、いつ頃というハッキリとした年齢をだすことができます。

この中年の危機は奥が深いので、何度かに分けてお伝えしますね。

今日は①の冥王星がスクエアの配置になるときについて。

 

人生最大の中年の危機はコレだ!

 

冥王星は破壊と再生の星。
根底から物事を覆すほどの力をもっています。

死と再生とも冥界の王という異名も持つ冥王星。

この天体にガツンとやられたら、そりゃもう木っ端みじんです。

でも、いいんですよ。それで。

今まで生きてきて、これ以上伸びしろがなくなってきたものを破壊して、新しい運命の軌道に乗せるのが冥王星のお役目なのです。

人は生きていれば、知らず知らずに

「こうあるべき」
「こうでなくちゃいけない」

そういうこだわりを持って生きています。

 

それをいったんリセットして、新しく生まれ変わるチャンスをくれるのが冥王星がもたらす中年の危機です。

 

若さを過信して、ハチャメチャな生活を送っていると、健康をひどく害する人もいます。

 

冥王星は、時には死に直面させられます。でも、これを機会に健康的な生き方にシフトしていくでしょう?

健康が何よりも大事だと気がつくでしょうし、周りに支えられて大切なことにも気がつくでしょう。

 

忘れてはならないのは、冥王星は愛なのです。

 

 

あなたのエゴや妄信してきたものを粉々にして、本当にあなたの行く道へとシフトさせてくれるのも、この中年の危機がもたらすことの本当の意味です。

恐れることはありません。

 

とはいえ、渦中は苦しく辛いもの。でも、やみくもに苦しむだけではなく、どんなことを冥王星が教えて手放そうとしているのかを知っておくことは力になります。

 

冥王星が教えてくれるもの

 

ホロスコープで冥王星のあるハウスは、あなたが特にこだわりを持っているテーマです。

 

中年の危機では、このハウスのテーマに関しての危機が訪れます。
なので、自分の冥王星のあるハウスのテーマを知っておくと、危機の内容が予測されます。

 

1ハウス 自分のエゴ。人生全般に関すること

2ハウス お金、才能、美

3ハウス コミュニケーション、学び、姉妹兄弟

4ハウス 家族、家庭、仲間

5ハウス 恋愛、子供、創作活動

6ハウス 健康、仕事

7ハウス 結婚、恋愛、パートナー、人間関係

8ハウス 相続、家系、親や介護

9ハウス 海外、学び、裁判

10ハウス 仕事、肩書、目的がなくなる

11ハウス 組織や会社、仲間

12ハウス 心身のトラブル

 

 

このハウスによって、中年の危機の重みが違ってきます。

例えば1ハウスだと人生全般にわたって冥王星の破壊が効いてくるので、かなりの影響力があります。

仕事、お金、健康など全てにおいて苦しい経験を越えていく必要があるのかもしれません。

 

 

2ハウスのお金も、7ハウスの結婚生活の破綻も辛いですよね。

8ハウスの身内のドロドロや信じていた人に裏切られるといったことも、12ハウスで鬱や引きこもりになってしまうことも辛い。

まあ、これは一例であって、元々のホロスコープのアスペクトによって違ってくるので、全ての人が同じような経験をするわけではありませんので、必要以上に恐れないでくださいね。

ただ大なり小なり、そのテーマに関することに向き合う時期にはなります。

 

人によっては、そのことに気がついてない場合もあるので、その影響力は人それぞれだな、と思います。

 

以前、鑑定させていただいた11ハウスの冥王星の方は、

「その時期に何かありましたか?」とお尋ねしたら、少し考えこんで、

「そういえば、その頃会社を辞めました」と仰っていました。

 

11ハウスは組織なので、会社を辞めるという出来事になったのですが、その方にとっては、そんなにもインパクトのある出来事と記憶されてはいなかった様子でした。

このように、何かは起きているのだけれど、そのダメージはハウスによって違うのです。

 

 

まとめ

 

今、30代後半から40代の人は、今起きていることの意味を知ることで救われるかもしれません。

ただ偶然に辛いことや大変な状況に陥っているのではなくて、星がもたらす大きな影響を受けているのです。

これから30代を迎えていく人は、これから訪れるテーマを知っておくと良いでしょう。心の準備ができますね。

40代を通り越した人は、振り返って過去に起きた辛い出来事の意味を知ることで、人生にムダはないと知ることができ
ます。

あの時の出来事の意味を知ることで、今、癒されることもあるからです。

 

人生をよりよく生きるため、自分本来の生き方を後押しするための通過儀礼とも言える中年の危機。

通り過ぎてみれば、あの経験があったから、そう思えるようになるのも、中年の危機がもたらす恩恵です。

 

ということで、この後、また他の中年の危機についても書いていきますね!

 

 

 

新月に作られたソープには特別な力が宿ると言われています。

ルナソープは12星座の中でも一番引き寄せ力が高い蠍座新月に作られました。

 

ルナソープを使うと自然と月のリズムに同調し、心からの願いを叶える力が強まります。

 

満月に特別な場所で採取されたお塩をブレンドし、新月の物事をスタートさせる力と始めたことを完了させるパワーを持つルナソープ。

 

 

毎日、お使いになることでインスピレーションに恵まれやすくなり、自ずと必要な行動が起こせるように気持ちの変化が訪れやすくなります。

 

 

夜空に浮かぶ新月をイメージした竹炭のマーブル模様は、ひとつとして同じものはありません。

必要な人に、必要な月の形のエネルギーをお届けできるようにデザインされています。

 

あなただけの月のエネルギーを宝石のようにお届けしたい。

 

そんな思いから特別にお作りしたラグジュアリーなケースにお入れして、あなたの元にお届けします。

詳しくは、こちらをご覧くださいね。
https://resast.jp/stores/article/28990/49791

 

 

 

 

 

-ブログ, ホロスコープ, 星読み
-, ,

Copyright© 星読みジュエリスト 金子ゆき , 2022 All Rights Reserved.