星読みで天職を知り、ジュエリーで導く才能開花 アストロビューティーアカデミー星読みジュエリスト・金子ゆき

星読みジュエリスト 金子ゆき

.

.

.

お問い合わせは随時受け付けております

ブログ ホロスコープ 星読み

ホロスコープから読み解く起業に向く人、お勤めに向く人

2022年6月27日

 

 

水瓶座で土星、木星が重なるグレートコンジャンクションが起きたのは2020年の12月22日。

200年も続いた地の時代が終わりを迎えました。

 

 

地の時代は終身雇用の時代です。

会社に時間と労力を捧げ、引き換えに安定と安心を手に入れる。

 

風の時代は個の時代です。

時間や場所を選ばず自分の能力が収入になる時代。

 

 

仕事がない、先行き不安…。

コロナ渦では、多くの人が働き方について考えていたのではないのでしょうか。

 

これから増々多くの人がフリーランスとして活躍したり、独立、起業する人が増えて行くでしょう。

時間や場所にとらわれずに働けることがわかってきたからです。

 

起業には向き不向きがある

ただ誰もが起業に向いているわけではありませんし、会社や組織がなくなるわけでもありません。

自分に合った働き方をチョイスする選択肢が増えたと思えば良いわけで、それには、自分に合った働き方を知る必要があります。

 

ホロスコープには魂の傾向が示されてます。

ホロスコープに沿った生き方を選ぶ方が、無理なく自分を活かすことができます。

 

ホロスコープは自分で描いてきた青写真なので、星も全く違う使い方をするよりは本来の使い方をする方が再大限に能力を発揮できます。

 

話はそれますが、以前に引っ越したばかりで、たまたまフライパンがなく、どうしても焼きそばを作りたかった私は、お鍋で焼きそばを焼いてみたことがあります。

結果はチーン…。

お鍋は焼くものではありません。煮るものです。←当たり前。

 

このように違う使い方をすると美味しく出来上がらない(笑)残念な結果です。
結論、鍋は焼き物には向いていない、です。

 

なので、あなたが起業に向いているのか、お勤めに向いているのかを知ることはとっても大事。

 

勢いだけで起業しても向いていなければ続かないし、逆に自分のポテンシャルを発揮できないまま、お勤めし続けるのはもったいない。

だからホロスコープを参考に、自分の魂が求めているのはどちらなのか、魂の質に合った方を選ぶようにしたいですね。

 

 

ホロスコープで仕事運を表すのは、2ハウス、6ハウス、10ハウスです。

けれども、一概に仕事といってもハウスによってテーマが違います。

 

 

ハウスについてはコチラをご参考に^^*

【占星術】ハウスのテーマを知ると人生のテーマがわかる

    お生まれのホロスコープ(出生図)を読むときの基本は、この3つ。   ★天体 ★サイン(星座) ★ハウス     天体が主役、サインは主役のキャ ...

続きを見る

 

【ハウスの見方はコチラ】

 

画像1

※お生まれ時間・出生地がわからないとハウスは出せません。

 

 

2ハウスは起業家向き

独立、起業に向いているのは2ハウスに天体がある人。

2ハウスは「自分で稼ぐ収入、才能」のハウスで、自分の好きなことであったり、得意なことも表しています。

好きや得意を活かして自分で稼ぐ。
これが2ハウスのテーマです。

ここに太陽や水星がある人、天体がたくさんある人なら起業に向いています。

 

6ハウスはお勤め向き

6ハウスは人からの要望に応えていくハウスです。
義務や役割のハウスとも言われています。

 

自分でガンガンやっていくよりは、ある程度マニュアルがあり、ルーティン化された仕事を完璧にこなしていく方が合っています。

 

自分で全部決めてやっていくにはストレスが溜まりますので、

その優秀な仕事能力を求められることに応えること、
抜かりなく滞りなく遂行することに捧げる方が良いでしょう。

 

決まった場所に決まった時間に働きに出かけるイメージです。
6ハウスに天体がある人はお勤めに向いています。

 

10ハウスは起業も企業もどちらでも

10ハウスも仕事がテーマですが、こちらは起業家にも企業人にも向いています。

10ハウスは人生の中で仕事で成功することがテーマです。

 

なので10ハウスに太陽があると、主婦であっても社会へ出て活躍することを望みます。

社会的な地位を獲得することがテーマなので、会社にお勤めなら社長や重役の肩書を目指しましょう。

 

もちろん独立して社長業をこなすことにも向いています。

仕事でしっかりと成果を出して、利益を社会に還元しましょう。

 

1ハウスに太陽がある人

1ハウスに太陽がある人は自分で自分の道を切り開くタイプです。

意思決定も自分でできる起業家に向いているといえます。

 

あまり上から抑えつけられるような環境だと、ストレスも多く能力を持て余してしまうかもしれません。

反骨精神からドロップアウトしてしまう可能性も。

 

1ハウスに太陽がある人は、自分を表現することも、アピールすることも上手なので、その能力を最大限にお仕事に活かすことができる起業に向いています、

 

2足の草鞋もOKな人

太陽やMCが双子座の人はマルチに活躍できます。

双子座のあらわす「2つ」というキーワードからも、2足の草鞋が履ける人。

 

お勤めしながら副業をしてみるのも良いでしょう。

その方がそれぞれの分野が活性化されて、良い相乗効果を生みます。

 

あの大谷選手も太陽こそは蟹座ですが、双子座に天体を持つので二刀流で成功されています。

 

自分を制するものは世の中を制する

ホロスコープに良いも悪いもありません。

働き方も人それぞれです。

 

要は自分のポテンシャルを最大限に活かせる働き方や生き方を目指すこと、選択することが大事です。

 

働き方も生き方も選べる個の時代。

それが今、私たちが突入した水瓶座の時代です。

 

まだ水瓶座のほんの入り口にいる私たちに今、必要なことは自分を知るために最大限の努力をすることでしょう。

 

自分を制する者は世の中を制す。

ホロスコープは自分を知る手がかりです。

 

起業しようか、それとも今のまま仕事を続けるか、

転職するかで迷っているのなら、答えはホロスコープの中にあります。

 

ぜひ参考になさってくださいね^^

 

合わせてこちらもご覧くださいね↓

ホロスコープの6ハウスでみる お勤めに向く人、起業に向く人

    今の時代、自分の好きやスキルで起業する人も多くなってきました。   副業を積極的にお勧めする企業もあり、起業まで行かなくても週末や空いている時間を利用してスキルを ...

続きを見る

 

 

 

 

 

 

-ブログ, ホロスコープ, 星読み
-,

Copyright© 星読みジュエリスト 金子ゆき , 2022 All Rights Reserved.