星読みで天職を知り、ジュエリーで導く才能開花 アストロビューティーアカデミー星読みジュエリスト・金子ゆき

星読みジュエリスト 金子ゆき

.

.

.

お問い合わせは随時受け付けております

ブログ ホロスコープ 星読み

ハードアスペクトは成功へのバネになる

 

ホロスコープを初めて拝見して、ドキッとすることがあります。

ホロスコープに葛藤や緊張をあらわすアスペクト(星の角度)がたくさんある人。

 

いわゆるスクエア(90度)、オポジション(180度)のハードアスペクトと言われる星の角度です。

 

ホロスコープはハードなアスペクトは赤、ソフトは青やグリーンなどで色分けしていることが多く、
真っ赤な線がたくさんsが描かれているほどに葛藤やプレッシャーの多い人生になります。

これに対してソフトアスペクトはトライン(120度)、セクスタイル(60度)の角度。
調和や協力的に星同士が働くので、何事もスムーズに進みやすい星配置です。

 

恵まれた環境、恵まれた能力、自然に周りの人が応援してくれたり、引き立てられたりすることも多いでしょう。

 

 

ハードアスペクトは個人の意志の及ばないところで、最初は不本意な環境に置かれたり、プレッシャーの多い家庭や仕事に就くことになったりします。

 

生まれながらに皇室にお生まれの方々には、常に人に見られ続けるというオポジションを持っていらっしゃる方が、とても多いです。

ご公務は一挙手一投足を見られますし、張りつめた緊張の連続でしょう。

 

スクエアが多いと、自分の進路を邪魔するものや横やりが必ず入って、なかなか一度ではスムーズに進ませてくれません。

幾度かの挫折や手放しを経験させられます。

 

グランドトラインとTスクエア

ソフトアスペクトの中でも最も幸運と言われているグランドトライン(幸運の大三角形)

そして、同じ三角形でもハードなアスペクトの代表格のTスクエア(二等辺三角形)

 

こちらのホロスコープには、そのどちらの三角形も描かれています。

青い正三角形がグランドトライン。
赤の二等辺三角形がTスクエア。

 

グランドトラインは恵まれたアスペクトですが、意外なことに成功者に多いのはTスクエアを持っている人です。

 

Tスクエアは葛藤やプレッシャーの多い人生を生きる中で、決して現状に甘んじることなく、そこから這い上がるために必死で能力を磨きます。

環境が不本意であるならば、どうすれば抜け出せるのかを試行錯誤しながらも、挑戦し続けます。

 

スクエアで横やりが入ったとしても、その経験をバネにして次の方法を模索してチャレンジしていくのです。

 

そうすれば能力も器も大きくなっていくでしょう。

なのでTスクエアは能力のある人のアスペクトと言われています。

 

 

トラインは全てがスムーズに運ぶ調和のアスペクト。

そのトラインが3つのグランドトラインを持つ人は確かに葛藤のないスムーズな人生かもしれません。

 

 

自分の中に矛盾や葛藤を抱えにくく、環境や人に恵まれていることも多いでしょう。

ただ、その幸運が当たり前すぎて幸運を幸運と感じられない場合もあるでしょうし、何事もスムーズに運んでしまうと、苦労して達成したという喜びもまた少ないものです。

 

また、何かをやろうとしても今の環境にそんなに不満が感じられないので、意を決して荒波へと飛び込んでいこうとする気持ちが持てないものです。

 

易きに流れる、
ぬるま湯に浸ってしまう、

これがグランドトラインを持つ人の弱点と言えるかもしれません。

 

恵まれた利点に気づいて感謝する

グランドトラインを持つ人で成功をしたいなら、その恵まれた利点を徹底的に活かすこと。

そのためには自分が何に恵まれているかを知り、そこに感謝することです。

 

意識化すれば数倍にグランドトラインの威力を発揮することができます。

 

無自覚に自動操縦のままにトラインのもたらす恩恵に甘んじていては、ただありきたりの人生が待っているだけ。

グランドトラインのもつ力をフル活用する意識を持てば、大きな武器となるでしょう。

 

現状に甘んじることなく、常にチャレンジしていく気概が持てれば、様々なサポートがやってきます。

 

ハードアスペクトは成功へのバネになる

私がホロスコープを見て、ドキッとするのは最初にも書いたように、ハードのアスペクトの真っ赤な線がたくさんある人。

やっぱり、この人たちは紆余曲折、試行錯誤しながら、成功を手に入れている人が多いです。

 

それまでの経験と凄みを感じさせる重みのあるホロスコープに向かいあう時、
私も身の引き締まる思いがします。

 

決して楽ではなかったでしょうが、成功を手にするのにはハードなアスペクトが必要だったのでしょう。

 

ソフトなアスペクトばかりの人も、お空の天体がハードな角度を投げかけてくるときには逃げずに挑戦していくときです。

そんな時こそ、大きく成長する機会。

 

いつもが運が良いと感じている人こそ、ハードなアスペクトを織り成すときこそ、逃げずに受け止めたいですね。

 

楽してそれなりの人生を送るのも悪いわけではありません。

それぐらい恵まれている人生が、幾度の生まれ変わりの魂の旅路の中であったっていいでしょう。

 

でもむしろ大きな成功や達成を成し遂げるために、
あえてハードなホロスコープを持って生まれてくることもあるのです。

 

どちらにしろ、自分のホロスコープを活かすこと。
これに人生の醍醐味があらわれてくる気がします。

 

あなたのホロスコープは、ハードとソフトのどちらのアスペクトが多いでしょうか?

ぜひ参考になさってくださいね。

 

 

 

 

 

-ブログ, ホロスコープ, 星読み
-,

Copyright© 星読みジュエリスト 金子ゆき , 2022 All Rights Reserved.